最先端の先進医療を用いる

最先端の先進医療を用いる

最近の医療の進歩を物語る事例は枚挙にいとまがありませんが、その中でもがん治療の分野でも素晴らしい進展を遂げています。
もちろん、先進医療などの場合は保険の対象外になるため、がん保険の加入者など一部の人が試すことのできる治療法になっていることや、長い時間を待たなければならない点などの問題はあるとは言え、今後の展望に光を投げかけるものとなっています。
とくに国立がんセンターなどを含めて、全国の限られた病院で展開されている陽子線治療に注目が集まっています。
がんと診断されたら、その時点でどのような医療行為を受けるか選択しなければなりません。
最近では検診を受けた病院とは違うところでセカンドオピニオンを受けることも奨励されていますので、多くの方が国立がんセンターや、大きな都市にある大病院でセカンドオピニオンを聞きます。
その結果、陽子線治療というものに出会うことがあります。
現在のところ実費で治療を受ける場合には300万円近い費用が発生すると共に、すべての部位のがんが対象になっているわけではありません。
陽子というのは水素という最も軽い元素の原子核で、それを加速したものが陽子線と呼ばれます。
陽子線が効果的であると言える理由は、病巣にのみ効果的に働きかけることができ、副作用を抑えることができることにあります。
1回の治療時間も短く、ベッドに横になった状態で受けるだけです。
病状によって受ける回数が異なってきますが、いずれにしても効果的な治療法としてこれから多用される時代になるかもしれません。
がん治療の場合は手術を受けることが多くありますが、現在受診している病院でがんの摘出手術をすることが決まっている段階でも、陽子線治療の相談を行なうことができます。
どのような治療法を選択することがよい結果につながるか、それは結果論となる分野でもありますが、大切なことは本人と家族が最善の決定をすることができたと感じることです。
そのためにはさまざまな角度から見る必要があります。

Copyright (C)2014最先端の先進医療を用いる.All rights reserved.